ホワイトホース・ハイボール缶は大ヒット?口コミ・評判は?酒屋発ブログ

キリンビール社より新発売されたハイボール缶です。

人気のスコッチウイスキー【ホワイトホース】缶入りのハイボールで新登場です。

缶入りハイボール、角ハイボールが人気ですが輸入ウイスキーのハイボールもまた違った旨さが魅力です。

尼崎の酒屋・もりぐち酒店、店長・森口恒好が【ホワイトホース・ハイボール缶】をご紹介いたします。

スポンサーリンク

缶入りハイボールと言えば【角ハイボール】ですが・・・ホワイトホースも旨いんですよね

今のハイボール人気を作ったのは角ハイボールと言っても過言ではありません。

まだハイボール人気が出る以前、ある酒問屋のイベント会場でサントリーが角ハイボールの試飲コーナーを作って来場する酒販店にハイボールの試飲を勧めていました。

 

私を含めて、誰もが「ハイボール?」売れないよ・・・と言った感じで試飲すらしない状態でした。

 

そのイベントから少し時間が経ち、居酒屋などでメニューにハイボールが載るようになってきました。

 

私もあの時イベントで案内していたハイボールに段々と人気が出てくるのかな?とは思っていましたがブームになる事はないだろう・・・、と思っていました。

 

それが、その後段々に人気が出だし、缶入りの角ハイボールが発売されるとあらゆる販売店に並ぶようになり完全に「ブレイク」し、一気にブームになりました。

 

今のハイボール人気を作ったのは「角ハイボール」であることは間違いありません。

ハイボール,ブログ,ホワイトホース

缶入りハイボールも色々発売されましたがスコッチのホワイトホースは・・・

缶入りハイボール、角ハイボール以外にも色々な種類のハイボールが発売されましたがいつの間にか終売になった商品も多くあります。

 

現在発売されている缶入りハイボールで人気のある商品はトリスハイボール・ブラックニッカハイボール、輸入洋酒ではジムビールハイバールでしょうか?

 

一時的に人気のあったハイボールもありましたが大手メーカーが作る商品ですのである程度の販売量がないと終売となってしまいます。

 

ハイボールの元になるウイスキーは国産・輸入と種類は多いですが、缶入りハイボールとして製品化され、人気が出て売れ続けていくには限られた商品だけとなります。

 

個人的はにサントリウイスキー白州の缶入りハイボールを飲んでみたいですが、白州自体が品薄なのと価格が高額なので缶入りでの発売は有り得ないと思っています。

 

やはり安定して販売されるには350缶で200円程度までの価格である必要があります。

 

手頃な価格で旨い!

売れ続けるには当り前の事ですが、この条件をクリアする事は簡単ではないようですね。

ホワイトホースハイボール缶はヒットするか!?

私個人的にはホワイトホースハイボール缶は国産ウイスキーではなくスコッチウイスキーで作ったハイボールですので国産ウイスキーにはない香りが気に入っています。

 

以前はスコッチウイスキーと言えば贅沢は洋酒の一つでした。

 

何度か酒税の改正があり、その度に手頃な価格になり、今では国産ウイスキーと変わらない程度の価格で販売されていますが味はスモーキーな感じがしていて、やはりちょっと贅沢なウイスキーのイメージがあります。

 

販売価格も角ハイボールと同等ですので是非ヒットして、定番のハイボールになって欲しいですね。

デザインもかっこいいのがホワイトホース・ハイボール缶の魅力

ハイボール,ブログ,ホワイトホース

スコッチウイスキー、ウイスキーの本場スコットランド産ということもあって缶のデザインも元のウイスキーのイメージです。

 

「ホワイトホース」=「白い馬」

馬のマークの下部の黒いベルトのようなデザインも缶のイメージを引き締めています。

 

こういったデザインは国産のハイボールには見られないタイプですね。

 

他のスコッチウイスキーのハイボール缶の発売も期待したいところですがホワイトホース・ハイボール缶が大ヒットすれば次に続く商品の発売もあるのではないでしょうか?

ハイボール缶は手軽さ満点、しかもスコッチのホワイトホースを

ハイボール、缶入りの製品が手軽で便利です。

 

ウイスキーをボトルで用意して作る事も出来ますが缶入りだと冷やすだけでOKです。

グラスに大き目の氷を入れて飲むことも出来ますが缶のままでも美味しく飲む事が出来ます。

 

アウトドアで飲む時などは缶入りでも十分ですね。

 

どこでも売っていて簡単に飲める。この手軽さもハイボールがヒットして要因の一つです。

自分でハイボールを作るとアルコール度数の設定が難しいですが、缶入りハイボールの場合飲み頃に割っていますのでいつでも好みのアルコール度数のハイボールが楽しめるのもいいですね。

 

ホワイトホースハイボール缶はアルコール度数6度の設定です。

缶入りハイボールとしては低めのアルコール度数ですが、あまりお酒に強くない人にも楽しめる商品ですね。

スポンサーリンク

まとめ

角ハイボールが圧倒的なシェアを占める缶入りハイボール市場。

新発売されたホワイトホースハイボールはどこまで缶入りハイボール市場に食い込めるか・・・

 

なんせ本格的なスコッチウイスキーがお手軽にハイボールで楽しめます。

 

酒屋の私も大変気になる商品の一つです。

ホワイトホース,ハイボール缶,ブログ,口コミ,評判,酒屋